【別れを切り出したらプロポーズっぽいことを言われた】結婚への意志を強くする彼のスイッチを押そう!

別れ を 切り出し たら プロポーズ

 

数年後、彼氏にちゃんとプロポーズしてもらって「したいが叶った!」結婚式をしましょう

 

別れると言ったらプロポーズっぽいことを言われた。

 

こんな状況だと

 

彼を信じて待ったほうがいいのか?他に彼以上の人を探したほうがいいのか?

 

決めれなくなりますよね。

 

行動なら判断がつくのだけど・・・口だけなら判断がつきません。

 

彼をキープしながら、他の人ともつきあうなんて

器用じゃないとできませんよね。

 

今回の記事は

 

結婚をせかしてしまった罪悪感をなくして、数年後かれに

正式なプロポーズをしてもらうコツを書いています。

 

大好きな彼との結婚を実現しましょう。

 

 

結婚をせかしてしまった罪悪感をなくす、考えかた

 

素直に気持ちを伝えるということは悪いことじゃない!

 

男性は

はっきり言ってくれないと分からないというのが本心でもあります。

 

なので

 

彼女が結婚適齢期で、 結婚したいと願っていても

気づいていないんです。

 

もしくは、気づいていないフリをする。

 

彼女が気づいて欲しくて

 

ゼクシィを買ってきたり、友達がさいきん結婚したことを話しても

話に乗ってこなくて

流されたという経験もあると思います。

 

なぜこのような態度になるのか・・・?

 

女性と男性では結婚にたいしての温度差があるから。

 

恋愛ドラマや映画でのウエディングのシーン。

 

フラワーシャワーでの祝福。

 

フラワーブーケを投げて、それを結婚式に来てくれた友人が奪いあう。

 

女子にとってはよくありがちなシーンですよね。

 

だけど、恋愛ドラマや映画をあまり見ない男性にとっては

初めて見る光景でもある。

 

男性にとって結婚と言うと

 

「紙切れ一つで籍を入れる」このように考えている人も少なくないんです。

 

「別れを切り出したのは早まったかもしれない・・・」と

罪悪感を持つ必要はありません。

 

彼氏と結婚を考えていることを言えたじゃないですか。

 

あなたが相手に伝えなかったら

 

きっと、モヤモヤしながら長い春を続けていたはずです。 それか別れていたか。

 

「ふたりの問題に向き合えたチャンスだった」と考える

 

「今は仕事が楽しいからすぐには結婚はできない。

だけど、2年ぐらいでお金を貯めてその後プロポーズしたい!」

 

このような彼の本音を聞けたのは

 

あなたが勇気を振りしぼって

自分の気持ちを伝えたからではありませんか?

 

別れる覚悟もあったと思います。

 

だけど、心の中は怖くて震えていたはずです。

 

それでもあなたは逃げなかった。

 

彼との結婚への扉が開いたんですよ。

 

相手を焦らさなかったら・・・結婚への扉はガシッと閉じたままだった気がします。

 

お互いの気持ちを言い合えた必要な時間だった

 

大好きな相手に「結婚と恋愛を別に考えることはできない。あなたとの将来がないのなら

別れてほしい。」というのは

すごく勇気がいることです。

 

ほんとうは別れたいなんて思ってないはずだから。

 

今つきあっている彼との将来が約束されたなら

 

彼と別れないで、今まで通り2人の愛を育てたいと考えていませんでしたか?

 

イチかバチかの方法を選んで

 

相手に気持ちを吐き出した。

 

まったく前に進んでいなかった関係が進み始めたのはすごいことですよ。

 

お互いの気持ちをよく知る、いい機会だったんです。

 

あなたが彼に伝えなくても、いずれ話し合わないといけない内容だったので

少し言い合う時期が早まっただけ。

 

結婚をせかしてしまった罪悪感をなくす、考えかた
  • 素直に気持ちを伝えるということは悪いことじゃない!
  • 「ふたりの問題に向き合えたチャンスだった」と考える
  • お互いの気持ちを言い合えた必要な時間だった

 

結婚への意識をガラッと変えるコツ!!彼氏の。

 

 

つらくない方法だから試しやすい!

彼の態度がドンドン変わっていくはず。

 

共通の友人の結婚式へ2人で出席する

 

実際に目で見てもらって、結婚式がどういうものかを教えてあげましょう!

 

彼女がどんなに夫婦の素晴らしさを伝えてあげても

イメージできなければ、人ごとで終わります。

 

それってすごく悲しいじゃないですか。

 

彼女が会うたびに「結婚、結婚」と言ってきたら

 

てきとうな返しで逃げてしまうのがほとんどです。

 

口で言ってもダメなら目の前で幸せそうな仲がいい夫婦を見せる。

 

他人だと心が動かないので

共通の友人の結婚式が効果的ですよ。

 

すると・・・

 

「俺も人生のパートナーを作る年齢か」と意識させることができる。

 

【友達の結婚式に出席したあとの男性心理】結婚願望が強くなりやすい人の特徴を勝手にご紹介

 

 

結婚までの準備期間として、つきあう期限を決める

 

「いつまでに結婚したいのか?1年後、2年後?」

 

具体的な話をカップル同士でしないという状況はけっこうあります。

 

なぜでしょうか・・・

 

「本音を言ったら、彼氏に嫌われるかもしれない」という気持ちが
あるからです。

 

男性は結婚の話があまり得意ではありません。

 

それを知っている彼女は

 

ほんとうはすぐにでもプロポーズしてもらいたいのに

言えないままで、数年つきあってしまう。

 

よけいなこと言って

 

彼氏に嫌われたくない気持ちはわかります。

 

だけど言わないままだったら、何も変わりません。

 

彼氏が行動するのを待っていたら

5年なんてあっという間に過ぎてしまいます。

 

別れ話をしたのがきっかけで

 

相手が「もし付き合っていたらプロポーズをさせてくれ」と

言ってくれたのなら

結婚までの期限をあなたがズバッと決めましょう。

 

決めた期限までに

 

何の変化もなかったのなら、そのとき別れることを考えればいいです。

 

自分の人生をルンルンと楽しんでいる姿を見せる

 

彼は自分の時間を大切にしている人でしょうか?

 

それなら

 

彼女にも同じように、自分の時間を大切にしてほしいと思っているはず。

 

結婚を意識してくれない彼に執着していませんか?

 

追いつづけているのなら、一旦やめてください。

 

まず自分の人生を楽しむのを優先にする。

 

で、彼氏に会うときは2人の時間を楽しむ。

 

矛盾しているように感じるかもしれませんが、「居心地がよくて、余裕がある彼女」だと

思えたら

男性はお嫁さんにしたくなりますよ。

 

結婚への意識をガラッと変えるコツ!!彼氏の。
  • 共通の友人の結婚式へ2人で出席する
  • 結婚までの準備期間として、つきあう期限を決める
  • 自分の人生をルンルンと楽しんでいる姿を見せる

 

別れ話をしたら彼からプロポーズする宣言をされた。これからどういった態度で接する?

 

彼の言葉だけを信じる

 

男性は本音を隠すと聞くから・・・不安になってしまう。

 

1つの不安が

生地がふくんだスポンジケーキのように膨らんでいって

彼を信じていいのかさえ、わからなくなる。

 

将来を考えている人だからこそ、期待と不安があふれてくるんですよね。

 

だけど

 

彼氏の「別れたくない。君にプロポーズしたい」と言ってくれた言葉

信じてみましょうよ。

 

彼女から別れを切り出されたり、将来の話を聞かされても

結婚の意志があることを伝えてくれない人もいます。

 

あなたの彼は他の人と違いますよね?

 

ちゃんと、あなたとずっと一緒に居たいことを伝えてくれました。

 

信じましょう、大好きな人を。

 

母親と彼の顔を合わせる食事会を開く

 

父親は呼ばないでくださいね。

 

なぜなら

 

父親は娘の結婚相手をきびしい目で見る傾向があるからです。

 

かわいい娘ですから、ちゃんとふさわしいのかを見るのは当然です。

 

それを知っているので

 

彼氏は彼女の父に会うのを嫌うんですね。

 

ただし、母親なら問題ありません。

 

ちょっとした一言で会ってくれます。

 

「わたしの母ね、若さをキープするために若い男性と話してみたいって!」とでも

言えば、彼氏も会いやすくなりますよ。

 

食事会の目的は

 

彼氏と母親に仲良くなってもらう、です。

 

で、母親に彼氏の結婚への意志を強くしてもらいます。

 

【結婚する気はあるのにプロポーズしてくれない】彼に将来を意識させる究極の裏技

 

別れ話をしたら彼からプロポーズする宣言をされた。これからどういった態度で接する?
  • 彼の言葉だけを信じる
  • 母親と彼の顔を合わせる食事会を開く

 

【まとめ】別れを切り出した後、「お金貯めるからプロポーズさせてくれ」と言った彼を信じて!

別れ そうな時 プロポーズ

 

「結婚する気がないなら別れる」と彼に言ってしまう
女性はけっこういます。

 

私も言いました。

 

これは本当に別れたいわけじゃなくて

不安からきている言葉だということをあなたは気づいているはずです。

 

彼を試すつもりはなくても、やっぱり3年以上付き合っていると

 

「このまま付き合ってても結婚できるのかな。別れたほうが

もっともっと幸せになれるかも。」という感情が

出てきてしまう。

 

ずっと一緒にいたい彼氏がいる結婚適齢期の女子たちのほとんどが

迷うことなんですよ。

 

なぜなら

 

今まで独身だった仲間たちが

すごい勢いで結婚し始めたり、出産ラッシュが周りで起こっていたりすると

心が揺れてしまうからなんです。

 

心が揺れない方がおかしいです。

 

大人女子は

 

「幸せになりたい」と常に願っているから、周りに流されてしまうこともある。

 

運命の赤い糸を信じているのが大人女子でもあります。

 

だからこそ

 

現時点で結婚を考えていない彼氏とこのまま一緒にいて

 

理想のプロポーズをしてもらえるのか?夢のようなお嫁さんになれるのか?

という迷いが頭をよぎるんですよね。

 

彼氏を信じたい気持ちはあるんです。

 

でも

 

結婚して幸せに暮らしている未来が見えないから、

別れ話をしたくなくてもしてみたりする。

 

「彼氏が1年後~2年後貯金してプロポーズしてくれる未来」が見えたら

もう少し彼を待てる気がしませんか?

 

信じたいけど、信じられない。

 

好きだけど、「別れる」なんて言ってしまう。

 

気持ちと態度が矛盾しているのは、真剣に相手を愛しているからです。

 

もう少し、彼が言った言葉を信じてみましょう。

 

相手の態度が変わっていくのがわかれば、安心できるようになります。

 

【結婚する気はあるのにプロポーズしてくれない】彼に将来を意識させる究極の裏技

タイトルとURLをコピーしました