【本当は教えたくない】彼との濃密な結婚を叶えた大人女子になれるまでの方法

結婚 先 延ばし 不安

 

彼氏を選んでよかったと確信を持ちたくないですか?

 

「彼氏の気持ちがわからない」

 

このような悩みは、相手からのプロポーズを

今か今かと待ちわびた女性はほぼ抱えています。

 

理想のシチュエーションで「けっこんしてくれ」という言葉。

 

すてきですよね。

 

カレが彼女の誕生日を祝ってくれる日。

 

いつもよりちょっぴり豪華なレストランでの予約。

 

クリスマスの聖なる夜。

 

いつもとは違う雰囲気を感じたら

「今日こそはプロポーズしてくれる」と期待してしまいます。

 

けれど現実は

まだ、プロポーズされていない・・・

 

強い強い違和感を覚えてしまいます。

 

 

結婚を先延ばしにするカレの気持ち

 

収入が安定していない

 

彼女を養っていけるか不安と感じている。

 

現在は女性の社会進出も多くなり、共働きが増えています。

 

けれどまだまだ

「けっこんしたら男性が大黒柱」という印象は強い。

 

それに

結婚を決めたからには

「愛している彼女を幸せにしたい」と考えてしまうものです。

 

転職を考えていたり、同年代より収入が低ければ

けっこんを前向きに考えられなくなります。

 

まだ独身をおうかしたい

 

責任を負うのを嫌う男性はすごく多いです。

 

結婚することを決めてしまうと

しぜんと責任が生まれます。

「もう逃げられない」と思ってしまう。

 

家庭を守らないといけないプレッシャーが生まれ、

「友達としょっちゅう飲みに行くことができなくなる」

「趣味にお金を使えなくなる」

と恐怖を覚えます。

 

男性は結婚しても自由でいたいんです。

 

彼女と彼氏という立ち位置なら

ある程度の自由があるので、安心してつき合うことができる。

 

独身から既婚になるって

けっこう勇気がいりますよね?

 

なぜなら、ライフスタイルが変わってしまうから。

 

愛している彼女とずっと一緒にいたい気持ちはもちろんあります。

ただ、決断してしまうと

今あるものを失う気がして前に進めないんですね。

 

結婚を考えていない

 

男女の考え方の違いなんですが

男性は女性よりも結婚を重要視していないです。

 

女性と違ってリミットがないから

「いつでも結婚できる」という謎の自信を持っています。

 

だけど

 

愛していた彼女が結婚しない彼氏に見切りをつけて

振られた瞬間、

目が覚めたように後悔し始めます。

 

口では結婚を考えていないと言っていても

強がってたりする。

 

なので

 

彼から「まだ結婚考えられないんだよね」と言われても

落ち込む必要はありませんよ。

 

結婚を先延ばしにするカレの気持ち
  • 収入が安定していない
  • まだ独身をおうかしたい
  • 結婚を考えていない

後悔しない選択のしかた【結婚適齢期の女性】

 

 

彼氏とのけっこんを考え始めると、なぜだかわからないけど

他の男性にアプローチされる確率が上がります。

後悔しない方を選びましょう。

 

 

彼だけじゃなく、別の運命の人も視野に入れる

 

「大好きな彼だから何年でも待ちたい」という気持ちすごくわかります。

 

けれど彼を待っている間、

何人かの運命の人と出会うチャンスも隠れています。

 

彼を諦めなさいと言っているわけではありません。

 

カレと別れずに、他の男性にも目を向ける。

 

客観的に見ると二股になってしまいますが、

男性は余裕がある女性を好きになるもの。

 

彼だけだとどうしても余裕がなくなってしまいます。

 

すると男性も逃げたくなる。

 

なので

あなたが余裕を持って、もっともっと素敵な女性になるために

他の男性と付き合うことも視野に入れてみる。

 

そうすることで

気持ちが分散されて、彼の態度が変わるときがあります。

 

彼の態度が変わったら

プロポーズされるチャンスがググッと上がる。

 

そうなればこっちのものです。

 

焦って選択しない

 

結婚適齢期になると

話してもないのに「彼氏と結婚しないの?」という

話題が溢れてきます。

 

その度に答えるのつらいですよね。

 

その気持ちすごくわかります。

 

周りの女友達は彼氏と順調に結婚に向かって走っていく。

行きたくもないのに

おんな友達からの結婚式の招待状をもらうことが多くなる。

 

SNS を見ると

幸せそうに、婚約指輪を見せびらかしている。

 

本当に苦しくなりますよね。

 

だからといって焦って彼氏との結婚を決めてしまうと

後悔することになります。

 

焦って結婚を決めるのはおすすめしません。

 

後悔しない選択のしかた【結婚適齢期の女性】
  • 彼だけじゃなく、別の運命の人も視野に入れる
  • 焦って選択しない

 

女性が幸せを掴むためにしていること

 

女友達の意見を鵜呑みにしない

 

 

かれしの相談を親身に聞いてくれていた女友達から、

会うたびに私のかれしの悪口を言われました。

で、婚活パーティーや他の男性を紹介された経験があります。

 

 

結婚したくてたまらない時期は、冷静な判断ができなくなります。

 

この時期は

女友達はライバルに変わる。

 

あなたが真剣に彼氏との悩みを相談しても、

中には別れさせようと

アドバイスをしてくる女性もいるくらいです。

 

まわりの意見を鵜呑みにせずに

いい意見だけを聞いて、後は聞き流しましょう。

 

幸せをつかんでいる女性は

周りに流されて結婚を決めるということはあまりしてないです。

 

男に依存しない

 

もちろん心の中では「カレしかいない、結婚するなら」と

考えてもらってかまいません。

 

けれど

あなたの態度からカレに依存しているオーラを感じとられると

引かれてしまいます。

 

焦っている女性より、少し余裕がある女性のほうが

男性から見て魅力的に映るのだそう。

 

なので

彼以外の男性とも仲良くなる。

 

カレとの話題が豊富になって、余裕もでき、

「はなしたくない女性」へと変化していきます。

 

はなしたくない女性に昇格すれば、

結婚を考えてくれるはずですよ。

 

困ったときに相談する、本格的な電話占いで。

 

「彼の本音は彼にしかわからない」

 

よく耳にする言葉ですよね?

 

困ったことに

本音を隠している男性は少なくないんです。

 

今足りないと思うものを手に入れれば、

あなたは理想の結婚を叶えることができる。

 

足りないものを埋めてくれるのが

電話占いだったりします。

 

わたしは、ananに載っている占いサイトを選びました。

 

幸せになって、理想をとり戻した大人女子たちの

喜びの声がレビューに溢れています。

 

「かれを信じることができなかったけど、信じられるようになった」

 

「これからもつき合って行くし、結婚すると先生に言われて嬉しかった!」

 

なぜ、このような嬉しい声があふれているのか?

 

本音をいわない彼氏の本音を視てくれて、

悩んでいる大人女子にありのままを伝えてくれるから。

 

彼氏の本音がわかって、

幸せになれるという確信を持つことができるからです。

 

幸せを掴んでいる女性の仲間入りをしたいのなら、

話を聞いてもらって

けっこんまでの距離をぐいっと縮めましょう。

 

女性が幸せを掴むためにしていること
  • 女友達の意見を鵜呑みにしない
  • 男に依存しない
  • 困ったときに相談する、本格的な電話占いで。

 

【結婚する気はあるのにプロポーズしてくれない】彼に将来を意識させる究極の裏技

 

【まとめ】彼に合わせるだけじゃダメ。大人女子のモテキを見逃さないで!

結婚 先 延ばし 不安

 

ずっと、結婚してこどもを持つのを夢みていたのなら

なかなかプロポーズしてくれない彼にしびれを切らしてしまいます。

 

30歳までに結婚したい女性は多いです。

 

恋は盲目で

 

彼しか見えていない。

 

なので、彼と結婚した姿しか思い描けないですよね。

 

お互いのタイミングが合わなければ

プロポーズから結婚まですいすい行かないこともある。

 

非常にタイミングが大切なのです。

 

結婚先延ばしは最悪な場合、別れにもつながります。

 

嫌な別れ方をしないためには

男性にちゃんと

「女性の1年はすごくすごく貴重なの!」

「このまま結婚できないなら他に結婚してくれる人を見つける」と

彼を焦らせてください。

 

悲しいことですが

 

男性は、結婚適齢期の女性の時間がどれだけ大事なものかを

理解していません。

 

親切に言葉にして相手に伝えないと

男性って鈍感で女性の気持ちなんて理解できません。

 

わたしも、なかなかプロポーズしてくれない彼にしびれを切らして

少し焦らせた経験があります。

 

彼を待ってるだけじゃダメ。

 

他に運命の人を探しながら彼を焦らす。

 

そうすることで状況がガラッと変わりますよ。

 

あなたが未来の旦那さまの背中をほんの少し押せば

一年後のあなたは、運命の人とバージンロードを歩いているかもしれない。

 

現在のあなたはほんとうのあなたじゃない。

 

バラの花束を差し出され

「俺には君しかいない」とプロポーズされる。

 

人生で「女性に生まれてよかった」と思える時期が必ずきます。

 

【結婚する気はあるのにプロポーズしてくれない】彼に将来を意識させる究極の裏技

タイトルとURLをコピーしました