【婚約指輪のダイヤ小さいと言われた】彼からもらったあなただけの指輪を堂々とつけれる日常はすぐそこ。

婚約 指輪 小さい と 言 われ た

 

友人の言葉を気にしないで、自信をもって婚約指輪をいつもつけたくないですか?

 

待ちにまったプロポーズを彼から受けてお気に入りの婚約指輪をもらった、

今この瞬間は貴重です。

 

何人かの友人がてきとうに言った言葉を気にして

 

指輪をつけないなんてもったいない!

 

婚約指輪のカラット数が小さいのを後悔していますか?

 

違うはずです。

 

幸せ絶頂のあなたに心ない言葉を浴びせた友人を気にして

「婚約指輪をするのが恥ずかしい・・・」と感じているだけ。

 

きっと彼は

 

彼女に指輪をいつもつけていてほしいと思っていますよ。

 

なぜなら

 

嬉しそうにお礼を言ってくれた彼女を知っているからです。

 

今回の記事を最後まで読めば

彼からもらった婚約指輪を心から愛することができます。

 

友人たちの態度を気にすることなく、自信をもって

いつも愛用できるようになります。

 

婚約して結婚までの期間は

 

ほんとうにルンルンや、キュンキュンできる大切な彼との時間。

 

これから彼との未来を作っていく時間でもあります。

 

彼からもらった一生もののプレゼントを輝かせることができるのはあなただけです。

 

「彼からのプレゼントだから嬉しい」という気持ちを忘れないでくださいね。

 

 

さいきんは、ダイヤが大きいものより質やデザイン性のある婚約指輪が人気!

 

 

カラット数、質、デザイン、どれにこだわるかは人それぞれ。

人の価値観を受け入れたうえでのアドバイスなら

傷つくことはないですよね。

 

 

「0.4カラット以上を~」や「婚約指輪は給料の3ケ月分」という

フレーズが街やネットに溢れています。

 

けれど

 

本音をいえば、宝石店側が高い買いものをしてほしいから

言っている言葉でもある。

 

売る側が言っている言葉を鵜呑みにしているほうが

恥かしいと思いませんか?

 

どんなファッションにも合って、結婚指輪と合わせても違和感がない。

 

職場につけていっても嫌らしくなく上品。

 

そんな指輪を選んだのは正解ですよ!

 

彼女が心から気に入ったものを、彼が汗水たらして働いたお金で

彼女のために買ったものです。

 

彼がみずから婚約指輪を渡したいと思ったから

今、あなたのもとに最高に輝いている指輪があるんです。

 

ただ、ダイヤの大きさだけを重視していたら

きっとニセモノ感がでていたはず。

 

男性は

 

お金を払いたくないような女性にはお金を払いません。

 

考えがはっきりしているからこそ、行動を見ていればわかる。

 

昔はダイヤの大きさで選ぶ人が多かったかもしれませんが、

さいきんは

大きさよりも、質やデザイン性がいいものを選んでいる人が多いですよ。

 

婚約指輪はずっとつけるものです。

 

「毎日つけていたい!」と思える指輪のほうが価値があると思いません?

 

カラットにこだわりすぎて、デザインや質が気に入らなかったら

タンスの肥やしになってしまう。

 

実際に、婚約指輪がタンスの肥やしになっている人はいます。

 

人のお祝いにケチつける友人は、あなたが羨ましいだけ

 

 

客観的にみても、今のあなたは輝いている。

幸せ度をどうしても比べてしまうのが大人女子でもあります。

自分より輝いているあなたに何か言いたかったのでは?

 

 

人のエンゲージリングにケチをつけてくる友人は

結婚を約束している相手はいますでしょうか?

 

結婚生活はうまくいっているでしょうか?

 

じぶんの生活に不満をもっていると

幸せ全開の女性を叩いてくる人が多いですよ。

 

悲しいですけどね。

 

人のお祝いを素直によろこべる人は少ないと思います。

 

幸せ探しを続けているところに

婚約して、最上級の女性の幸せを手に入れているあなたがいる。

 

ただ単におもしろくなかっただけです。

 

わたしも生きてきて

 

嫌味をいう女性たちをたくさん見てきました。

 

なので気にしないでいいです!

 

気にしてしまう気持ちすごくわかります。

 

だけど

 

大好きな彼にもらったステキなデザインの指輪でしょう?

 

嫉妬心で言っている友人の気持ちと、彼の気持ち

どちらを大切にしたいですか?

 

彼から愛されている自分を見せびらかすぐらいがちょうどいい。

 

友人から婚約指輪のことで言われたときの対処法

 

幸せオーラを見せつける!

 

「小さいね」と友人に言われたら

 

「そうかな。でもわたしは大好きな彼と選んで気に入ったから気にならない。

○○ちゃんはどんなのもらったの?」

 

と、ちょっと嫌味を入れて返しましょう。

 

きっとその友人は「キー!!」となるかもしれませんが

先に嫌味を言ってきたのは友人です。

 

幸せオーラで跳ね返したら、悲しくなって言わなくなりますよ。

 

価値観は人それぞれですよね?

 

ブランドの独自のデザインを気に入って

普段使いもできるという理由で、あなたは素敵な婚約指輪を選んだわけです。

 

「ダイヤは大きさ命」の友人は見栄がはりたいだけだと思いますよ。

 

見せびらかすための指輪だと勘違いしているのではないでしょうか。

 

彼があなたに「結婚を約束した女性」として買ってくれたことに意味があります。

 

大好きな人に
かけがえのない人として選ばられたってことです。

 

婚約者の時期は、幸せを周りにもおすそわけするぐらいの

余裕でいたほうが

もっともっと彼との将来にワクワクできますよ。

 

笑顔で見せびらかしましょう。

 

指輪の重ね付けはセンスがないとできない事を教えてあげる

 

シンプルな石で好きなデザインだからこそ、

重ねづけしてもあきないんです。

 

カラット数が大きいのも素敵かもしれませんが

 

服にひっかかりやすくて、つけなくなった人もいます。

 

指輪をつけなくなるのは、他にも理由があります。

 

カラット数にこだわりすぎて

 

後からデザインが気に入らなかったことに気づくから。

 

それに

 

大きなダイヤだったら、服装も華やかにしなければ

指輪だけが浮いてしまうこともあるんですよ。

 

まだ若いなら、シンプルで小さめのダイヤのほうが

どんな服にも合いますし、指をきれいに見せてくれます。

 

重ねづけしてもオシャレなものなら

 

結婚してもいつもつけて出かけることができますよね?

 

婚約指輪でしかつけれないものなら

結婚したあとは付けれなくなります。

 

センスがないと、重ねづけはできませんよ。

 

友人にセンスがある選び方だということを教えてあげましょうね。

 

質のいい小粒のダイヤのほうが上品だと思わせる

 

大粒のダイヤは、いかにも「婚約しました」感がでて

職場にはつけていくのに勇気がいりませんか?

 

だけど

 

質のいい小粒のダイヤは違います。

 

パッと見では婚約指輪だと気づきません。

 

自慢している感じもでません。

 

なので上品に見えます。

 

「あれ、それって婚約指輪?」と聞かれてはじめて

「はいそうです」と言えば、返しも上品ですよね。

 

友人はわかってないんですね、きっと。

 

あなたの婚約指輪の選び方がどれだけ理想かを。

 

彼が愛情もって購入してくれた特別なゆびわを

いつもつけておきたいなら

自信を持って毎日つけましょう。

 

彼もきっときっと喜びますよ!

 

友人から婚約指輪のことで言われたときの対処法
  • 幸せオーラを見せつける!
  • 指輪の重ね付けはセンスがないとできない事を教えてあげる
  • 質のいい小粒のダイヤのほうが上品だと思わせる

 

【まとめ】婚約指輪はご主人の愛がつまった一生ものだからこそ価値がある。とことん愛しましょう

婚約指輪 恥ずかしい ブランド

 

友人はあなたが羨ましいだけだと思いますよ。

 

世の中には婚約指輪をもらえない人もいるし、

結婚さえできない人もいます。

 

わたしの友人も

 

人の幸せをなんでも否定する女性でした。

 

そんな友人は婚活がうまくいっていなかったんです。

 

ワクワクしながらお気に入りの指輪を見つけて納得して買ってもらったのなら

あなたが選んだ指輪は正しかった。

 

エンゲージリングのダイヤの大きさだけで

彼の愛情は決まるんでしょうか?

 

ダイヤの大きさが0.3だからといって

彼の愛はなくなったでしょうか?

 

結婚適齢期の大人女子は、幸せなオーラを出している人に

よけいなことを言うものです。

 

気にする必要はありません。

結婚生活が輝くことが大切ではありませんか?

 

彼とあなたの愛情の大きさで100カラットにして、

失礼なことをいう友人に指輪を見せつけましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました